KOMEDA IS(コメダイズ)のコメパンケーキ(もっちりsioメープル)について|小麦粉、米粉、ライスジュレを使ったプラントベースパンケーキ

プラントベースフード(植物由来の食べ物)

「KOMEDA IS(コメダ・イズ)」は、名古屋発のチェーンカフェであるコメダ珈琲店が手掛けているカフェである。この店舗ではすべてのメニューがプラントベース(植物由来)の材料である。つまり、肉や乳製品、卵といった動物由来の材料を一切使っていないメニューだけのカフェだ。

そんなKOMEDA ISにあるメニューの1つが、「コメパンケーキ(もっちりsioメープル)」である。

外見は普通のパンケーキ

外見は普通のパンケーキであるが、このパンケーキは、本来パンケーキに必須である卵や牛乳を使用していない。トッピングのバターのようなものと、ホイップクリームのようなものにもプラントベースである。

小麦粉、米粉、ライスジュレで作ったパンケーキ

公式サイトの説明よると「ライスジュレ」という米と水で作った高い保水性を持つ材料と、小麦粉、米粉で作っているそうだ。バターのようなものはおそらくマーガリンのようなものだろう。ホイップクリームも、植物性の材料を使っていると考えられる。またパンケーキには塩が振ってある。普通のパンケーキに塩を振ることはない。

KOMEDA IS(コメダイズ)のもっちりsioメープル (2)

質感は、普通のパンケーキよりも硬めである。食感はもそもそしている。やはり普通のパンケーキに比べると、しっとり感やふわふわ感は劣る。過去に流行ったスフレパンケーキのような、ふわふわした感じはない。それでもパンケーキとしては十分に食べられる。いうなれば、「家で作る美味しいパンケーキ」という感じだろうか。

十分にパンケーキの代替品になりえるクオリティ

卵や牛乳を使っていないパンケーキを食べたのはこれが初めてであるが、想像以上のクオリティであった。味気ないのかと思っていたが、クリームやマーガリンなどのトッピングがなくも十分に食べられそうなほどしっかりした味であり、普通のパンケーキの代替品に、十分になりえるだろう。

銀座という場所だからなのか、それとも先進的な食べ物だからなのか、このパンケーキは1080円というかなりお値段である。気軽に食べられるようなものでもない。しかし製造コストが下がり、普通のパンケーキと同じと変わらない値段で食べられるようになれば、このプラントベースパンケーキを選ぶ人は十分に増えるのではないだろうか。安く販売できるようになったら、ぜひ普通のコメダの店舗でも販売してもらいたい。

KOMEDA ISの他のプラントベースフード

ちなみにKOMEDA ISには、他にも色々なプラントベースフードがある。以下の写真は「SOYハムカツホットサンド」というメニュー。ハンバーガーやシロノワールもある。

2021年7月現在、KOMEDA IS(コメダイズ) は銀座の1店舗しかない。日本はまだまだプラントベースフード、ヴィーガンフードを置いている店が少ない。選択肢は多いほうがいいので、できればもっとも店舗が増えてくれればと思う。

KOMEDA IS(コメダイズ)銀座の写真
タイトルとURLをコピーしました